So-net無料ブログ作成

レントゲン [ぱるの闘病]

あらあら、すずの誕生日以来 全くブログを更新せず年を越し
もう2月になってしまったではないか…[あせあせ(飛び散る汗)]

年が明けてからのどうしても記録しておきたい出来事を慌てて書いておきます

.

/1月にぱるの心臓のレントゲンを撮りました

前回 心臓のレントゲンを撮ったのは2015年11月

2014年は肺水腫を数度起こしていてその度にレントゲンを撮っていた

肺水腫で最後にレントゲンを撮ったのが2014年の11月

それ以降 肺水腫を起こしてこなかったので その1年後に撮ってみたのが前回


そこからの1年強も肺水腫を起こすことはなく

血液検査は何度かしたけれど それもさほど変化はなく

ぱるも心臓系で調子を崩すことがなかったので  また1年をレントゲン知らずで過ごしてきた

.

でもやっぱりそろそろ心臓の様子を見てみなければ…

前回 かなり心臓が膨らんでたから 今回はもう…

と 怖々覚悟を決めて撮ったレントゲン

IMG_1118.JPG
IMG_1120.JPG

この写真、信じられないことだけど

左が2017年 右が2015年 に撮ったレントゲンなのですよ

心臓が小さくなってる~!

目を疑っちゃいましたよ 間違えてないか確認しちゃいましたよ
 
先生も驚いて不思議がってた

でもこんなことってあるんだ

特別なことはしてないけれど

薬の時間があるから 毎日とっても規則正しい生活をしてるとか

極力 ぱるが嫌がること 疲れること 負担になることは避けるとか

ぱるがまったり穏やかに過ごすことが大好きな性格であるとか…

そんなことが心臓に負荷をかけず 良い状態になってるのかな

ま、ぱるの生命力の強さによるものが一番の理由と思うけど…

肺水腫や失神を繰り返してた頃から 甘えん坊だったぱるが急に甘えてこなくなった

夜は私の腕枕で寝てたのに いつも私の膝の上にいたがったのに

いくら呼んでも拒否されるようになった 

その様子が何だかそれを全てすずに譲っているように見えていた


だけど また最近、明け方には私の布団の中に潜り込んでくるようになった

膝の上をおねだりすることもある

「アタシはまだいるからねっ まだすずには譲らないからね」って思い直したのかな


だからと言って油断はできない 

お薬も今までの生活もしっかり続けて 「ぱるちゃんファースト」の日々を送る

まだまだ一緒にいてちょうだい

P1260948.JPG


 

この日すずも一緒にレントゲンを撮りました

心臓は特に変化なし

心雑音は出てるけど まだ薬は見合わせてるとこ

P1260969.JPG
.
.

2017年も2匹との 楽しい生活が続きますように


 

 


コメント(3) 
共通テーマ:ペット